concept

「磁場=意識場」

Magnetic Field=Consciousness Field

「磁場=意識場」をコンセプトに見えないエネルギーを探求し、視覚・聴覚的に見えるかたちに表現することを試みるとともに、未知なるエネルギーを利用可能にする考え方のメッセージを発信している。

ITAMI HIROSHI Art Work

Bi-Do Way Represantation

The macrocosmos (Brahman) represents the strong willpower (energy) of the universe that flows from the creation ("big bang") to annihilation according to the theory of catastrophe, through generation (birth) , life (growth) , catastrophe (desutruction) , and emptiness (death and regeneration) . The microcosmos (Atman) represents the willpower (energy) of SAI-YUSHI that equals 10-20 of the minute particles of quarks. Each of the two kinds of energy may be equal in quality and in quantity. Therefore, mighty energy (AMARA-SHIKI) may be found within one's self. However, in the microcosmos, the wave of willpower should change between plus and minus depending on the phases of associative things (energy of fields). In the recurrence of birth and death, the sequence of enegy (metempshychosis) might lesson the willpower (energy). That is because , within each individual, each SAI-YUSHI is a minute particle containing a memory of the whole of the history since the "big bang", and art, up to the present may have been a suconscious expressin of the distortions in it. So, it might be simply that the energy from ARAYA-SHIKI is intended to be a vector of evolution.I want to call the art that will get thorough this, ARAYA-SHIKI and will go forward along a vector of creation to find the essential ability (AMARA-SHIKI), the art that will develop.In that case, it will be an interesting task to try to do the expression of assotiative things (energy of fields) in order to rehabilitate the distortion in minute SAI-YUSHI.

 

Not being aesthetic, not being RO-teki (street-ic, or discoverism), I define the internal aesthetic as the BI-DO way representation.

美道的表現の宣言 Bi-Do Way Represantation

美道的表現の宣言 Bi-Do Way Represantation

マクロコスモス(ブラフマン)に象徴される, 大宇宙の始まり(ビッグバン)からカタストロフィー理論における消滅 , すなわち, 成(誕生), 住(成長),壊(消滅), 空(消滅から蘇生), と流れる宇宙の強大な意志力(エネルギー)とミクロコスモス(アートマン)に象徴される, クォーク単位の微粒子の10-20cmに相当するサイ幽子の意志力(エネルギー)は同質, 同量のエネルギーではなかろうか。だとしたら, 本来自己の体内に強大なエネルギー(アマラ識)の発見があるだろう。しかるに, ミクロコスモスにおいては, 縁するもの(場のエネルギー)の局面においてプラスにもマイナスにも意志力ウェーブが変化するはずである。自己の生死生死の繰り返しの中において, その意志力エネルギーの連続(リンネ)は, 意志力(エネルギー)を低下させているのではなかろうか。なぜなら, 各個体において, サイ幽子の一つ一つはビッグバンからの記憶を全部内蔵している微粒子(アラヤ識)であり, この歪みの中での無意識的表現が今までの芸術ではなかろうか。だとしたら, アラヤ識からのエネルギーを進化のベクトルにしているにすぎないからだ。このカルマともいうべきアラヤ識を通過し, 本来の能力(アマラ識)発見への創造のベクトルに進む芸術を来るべき芸術と呼びたい。ならば, 来るべき芸術に向けて, サイ幽子単位的に歪みを本元的に修正させるべき, 縁するものの表現(場のエネルギー)を試みるのも, おもしろい作業ではないか。  

美的でなく, 路的でなく, 内道的美学を美道的表現とする。

                                                                                                                                                                                                                  (1980.1.17記)