concept

「磁場=意識場」

Magnetic Field=Consciousness Field

「磁場=意識場」をコンセプトに見えないエネルギーを探求し、視覚・聴覚的に見えるかたちに表現することを試みるとともに、未知なるエネルギーを利用可能にする考え方のメッセージを発信している。

伊丹 裕   Itami Hiroshi  

About artwork of ITAMI Hiroshi

 

It is not very often but sometimes I meet an artist that is difficult to categorize and start to wonder what kind of artist he is. I mean he dose not really fit in to call as a painter, nor sculptor, nor media artist since his work has a diversity to get in to various genres  and hard to settle in to one category. I must define that is Hiroshi Itami. He makes many kinds of art such as 3D, video installation and 2D, and has no boundary in format. More than that, his work contains his concepts about physics, mathematics and sound. It can be said that Itami is a conceptual artist but his work presents a kind of comprehensive thought about what the way of the world is rather than a concept towards something. So to speak, he is a thinking artist with various thoughts. His art direction is influenced by his teacher Yutaka Matsuzawa, but compared to Matsuzawa’s art which is related to deployment in the expanse of the universe, Itami’s work is more about things behind the real world happening from past to future on the earth. One of his significant work “Modification of Geomagnetism project” clearly shows that.

This kind of his art style became fully in progress since 1980s. The core of his activities was based on that he realized that art as “techn”  could not exist without the logic of the real world and its physical origins. But also his realization poses a question that more we are surrounded by material world, more we desire to go to spiritual world that is totally opposite from the real world, and probably this contradiction has been lied since the birth of  human civilization. This thought has actually become his fuel to continue his art. His past installation related with the earth (and it still continues now ) implies that fusion that must be possible between nature and science become close to spiritual aspect. This has been a part of his big-scale art project that crosses time and space. It can be said that Itami’s final ultimate is harmonization of all the existences. To make us think something like that is Itami’s quest against art.

                                                                             OGURA Masashi(International art critic)

 

伊丹裕のアートについて思うこと

 

 そうたびたびではないが,どういうアーティストなのか,分類してなにかのカテゴリーに入れることが難しいアーティストに出会うことがある.画家とか彫刻家とか,あるいはメディア・アーティストとかと,呼ぶことがぴったりしないアーティストにだ.その活動がいくつもの分野にまたがっているので,どこかの分野に落ちつかせることができないからだ.伊丹裕がそうで,彼の作品として示されるものは,立体物であったりヴィデオ・インスタレーションであったり平面であったり,多様であることがまず目につくが,それよりも,それらの作品に含まれる内容において,物理学や数学やサウンドなどと交叉していることに気がつく.コンセプチュアル・アーティストと言えるかもしれないが,彼の作品の根底には,なにかの事柄についての概念というよりも,もっと深い,世界のありかたについての認識と結びつく思想が潜んでいる.むしろ,thinking artist, 思想的なアーティストなのだ.そうした彼のアートの方向づけは,師であった松澤宥から受け継いでいるが,伊丹裕の場合は,師の宇宙的な広がりのなかでの展開よりも,地球の大地の過去と未来にかかわる現実世界の内奥に潜む事柄に目が向けられている.それを端的に示したのが,地磁気の修正プロジェクトであった.

 こうした彼のアートの傾向は,1980年代の始めごろから本格化したと思われる.その活動の根幹には,テクネ―としてのアートが,現実世界の物理的な成り立ちやその論理性を抜きにしては成り立ちえないことの認識があった.しかしまた,その認識には,そうした物質的な世界の現実に根ざしながら,その対極にある精神的な世界に向かうことが,人類の文明の誕生とおそらく同時に目ざされ,現在までも持ちこされている重要な課題であったことが結びつく.そうした思想が彼の活動の原動力となっていた.そして,彼が地球上の各地で展開した(いまも展開をつづけている)大地とかかわるインスタレーションは,自然と科学とのありえなければならない融合が,霊的な様相に近づくことを暗示している.これは,空間と時間にまたがる彼のスケールの大きいプロジェクトの一環である.それが目ざす究極は,おそらく,あらゆる存在物の和合の必然かもしれない.そうしたことを考えさせるのが,伊丹裕の探求するアートなのである.

                                 小倉正史(国際美術評論家)

Contemporary artist

1976   engaged in experiment music activities

1977   masterd silkscreen print under Mr.Okabe

1978   masterd the final art under Mr.Yutaka Matsuzawa

1980   founded Printing Studio“360゜GRAPHICS”

1980   declared“Bi-Do Way Representation”

1991   started to adovocate “Circulation Art”

1993   [Project to Rectify the Magnetic Field of the Planet] started

1999   founded  Alternative Art Space“Para GLOBE

現代美術家

1980年「美道的表現の宣言」〜継続。

1991年「サーキュレーション・アート提唱」〜継続。

1992年「波動空間哲学の構築」。

1993-2000年「惑星磁場修正計画」として地球上のパワースポット7箇所に磁場の修正装置を埋設し、地球の磁場を修正する実施プロジェクトを推進。

2000年〜かたちや色を変えながら「惑星磁場修正計画」を継続。

2000年Sensible Art プロジェクト開始」〜継続。  

 

1980年〜 360°GRAPHICSシルクスクリーン版画工房主宰

1999年〜2012年 Gallery Para GLOBE主催